東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(練馬区)―

本田 美知子 院長/石神井ほんだ歯科医院(石神井公園駅・歯科)の院長紹介ページ

本田 美知子 院長

MICHIKO HONDA

患者さんの目線で診察し、
希望にそった安心の医療をご提供。

小さい頃から医療関係に勤めたいという夢をもち、歯学部へと進学、大学卒業後、総合病院や開業医の先生の元で勤務をして、荒川区で開業したのち、1991年石神井公園駅より徒歩2分の地に移転。現在に至る。

本田 美知子 院長

本田 美知子 院長

石神井ほんだ歯科医院

練馬区/石神井町/石神井公園駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科

患者さんの「痛みがとれたよ」の笑顔が嬉しくて

本田 美知子 院長

医療関係に進みたいという希望は小さい頃からもっていました。高校を卒業するときに担任の先生と相談した結果、歯学部へと進むことを考えたのです。小学校の頃は看護師さんに憧れていました。それが中高と進むに従い、人を治すことに携わりたいと思い始め、選択したのが歯科だったんです。
今振り返ってみると、歯医者さんは女性の仕事として良かったのかなと感じています。「痛い」と駆け込んで来られた方が、「痛みがとれたよ」と笑顔になって帰られていく。この仕事をやっていて1番嬉しくなる瞬間ですね。
大学を卒業後、総合病院や開業医の先生の元で勤務をして、初めは荒川区で開業をしました。私と主人、そして主人の兄という3人体制でした。私は子どもを板橋の叔母の家に預けて働いてたのですが、そこから出勤するとなると、なかなか大変でして…。今とは少し違うところですが、石神井公園に場所を移すことにしました。そして現在の場所(西武池袋線・石神井公園駅より徒歩2分)に移転したのが、1991年のことです。こちらはもともと患者さんのお家だったところで、その方が定年を迎え田舎で過ごされることになり、私たちが入れ替わりに入った形になります。
早いもので、小さかった子ども達も成長して歯科医師となり、毎土曜日には手伝ってくれるようになりました。家族全員で根を張り、患者さん目線で診療をすることを大切に今後も時を重ねていきたいと思っています。

患者さんと二人三脚で、希望に沿った治療を第一に考える

本田 美知子 院長

『石神井ほんだ歯科医院』は、西武池袋線・石神井公園駅より徒歩2分の場所にある歯科・小児歯科・矯正歯科です。
この地域に住んでいる方々に来ていただいていますので、患者さんのご希望をまずうかがって、そこからしっかりと話し合って最も良い方法を決めていけるようにと考えています。たとえば、患者さんが「どうしても抜きたくない」とおっしゃれば、なるべく抜かないで済むよう努力します。逆に、患者さんのほうから「やっぱりダメだ、先生抜いて」となれば、そのようにして、そのあとの処置を考えましょうという具合です。二人三脚といいますか、患者さんのご希望に沿うことを第一に考えていきたいですし、赤ちゃんからおじいちゃんまで、その人にとってできる限り良い治療を手掛けていきたいですね。

顎関節症にはマッサージやストレッチで改善を図る方法もご提案

本田 美知子 院長

私の主人が顎関節症の指導医で、大学の教授も務めているので、夫婦の何気ない会話の中にも顎関節の話が出てくるほどです(笑)。なので、知識はどんどん増えていきますね。
「あごが痛くて…」という患者さんがいらっしゃったとしましょう。当院では最もベーシックで、身体に負担の掛からない方法を提案しています。あごの位置を変えるといったダイナミックなものではなく、マッサージやストレッチによって改善を図っていくのです。顎関節症であごが痛い方は、同時に首や肩、背中に凝りを抱えていることがとても多く、その固まった筋肉を意識してほぐすことで、症状を周辺から改善していきます。
顎関節症という病気は、生活習慣病ととても似ています。完全に治すことは難しくて、良くなったり、悪くなったりを交互に繰り返していくんです。その中でも、悪くなる時間が短くなれば、それだけ患者さんは快適に過ごせますよね。
普段の心がけではないですけど、ちょっとしたことに気を配ることで多くの方が改善に向かいます。もちろん、それで良い方向に向かわない場合は、大学病院にご紹介する形をとらせていただいています。

ボクシング部の学生さんのマウスピース製作も

ちょっと自慢になりますが(笑)、私は平成国際大学という、オリンピックの代表選手を輩出した大学の、ボクシング部の監督さんと知り合いなのです。ちょっとしたご縁からお付き合いが始まり、今では学生さんのマウスピースの製作を引き受けています。新入生が入る春先には、毎年50個くらい作っているでしょうか。自家製のマウスピースは口腔内を保護するだけではなく、咬み合わせが安定することによってパフォーマンスの向上につながっているようです。
もちろん、一般の方からもご依頼があればお作りしています。ただ、赤字ではありませんが、収支はトントンといったところ。半分趣味も兼ねてますから、これで充分なんです(笑)。
実は、平成国際大学の監督さんの教え子に、現世界チャンピオンの内山高志選手がいらっしゃいます。この間もまた勝ちましたけども、試合の度に楽しみにしているんです。

これから受診される患者さんへ

お子さんの場合、本当に小さい頃からいらしてると、治療に慣れていきます。最初はお母さんの治療についてくる形で、そのうち、「僕もやってみたい」と言うんです(笑)。イスに座ってもらって歯ブラシをしてあげるとそれだけで満足して、その結果、歯医者さんに対する恐怖がなくなるんです。
お子さんだけでなく、歯医者さんは大人にとっても怖いもの。でも、だからといってあまりに離れてしまえば、治療は大きなものになり、更なる恐怖感を生むことにもなってきます。
歯がなくなれば姿勢も変化していきますし、噛めないということは確実にクォリティーオブライフを低下させます。大変なことにならないように、定期的にお口の中のコントロールをしにいらしていただきたいですね。風邪を引いたらお医者さんに行くように、「なにかおかしい…」と思えば、すぐ相談に来ていただければと思います。

※上記記事は2015.5に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

本田 美知子 院長 MEMO

  • 出身地:埼玉県
  • 趣味・特技:手芸、ジムワーク
  • 好きな本:推理小説、内田康夫の本
  • 好きな映画:スター・ウォーズ
  • 好きな言葉:笑顔
  • 好きなアーティスト:DREAMS COME TRUE
  • 好きな場所:ノルウェー

グラフで見る『本田 美知子 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート