東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 獣医師(練馬区)―

春日 元美 院長/さくら動物病院(地下鉄赤塚駅・犬)の院長紹介ページ

春日 元美 院長

MOTOMI KASUGA

春日 元美 院長

春日 元美 院長

さくら動物病院

練馬区/田柄/地下鉄赤塚駅

  • ●犬
  • ●猫
  • ●ハムスター
  • ●フェレット
  • ●ウサギ
  • ●鳥

この職業を志したきっかけ、現在に至る経緯などをお聞かせください。

春日 元美 院長

父が犬好きで、子どもの頃から犬を飼っていたんです。そのため、犬と一緒に生活するのが当たり前になっていました。楽しい時も、悲しい時も犬がそばにいましたので、もう家族だと思っていました。だから、犬のいない生活を送ることは考えられなかったですね。その存在が私にとっては大きかったので、「将来は犬に関係した仕事をしたい」と思ったのは、ごく自然な流れでした。結婚して、子育てをしている間はブランクがあったんですが、下の子が小学生になったころに、どうしても臨床獣医として現場で働きたいと思いました。たまたま良き師に恵まれ、再び獣医として働くようになりました。その病院で5年ほど〝修行"を積ませていただきました。その頃お世話になっていた先生が「そろそろ独り立ちしたら?」と背中を押してくださったこともあり、『さくら動物病院』を開院するに至ったんです。自宅に近いこの場所で開院することで、獣医としてみなさんをサポートする仕事と、家庭のことを両立できるのではないかと思いました。もう20年が経ちますが、振り返るとあっという間でしたよ。悩みながらも、そのときそのときを一生懸命やってきた、という感じです。おかげさまで、家族ぐるみのお付き合いをさせていただく患者さんもいらっしゃいます。

『さくら動物病院』についてご紹介ください。

春日 元美 院長

当院で診察しているのは主に犬、猫、うさぎ、ことり、ハムスター、フェレットです。 犬や猫はずっと変わらず多いですが、うさぎを飼う方も多くなり、歯の不整咬合や過長歯などのうさぎ特有の疾患にも対応しています。 ハムスターもそのアニメが流行っていたときに随分、診させていただきましたよ。【笑】その頃は本当にたくさんの方がハムスターを飼っていらっしゃいましたね。 おかげさまでハムスターの診療にもかなり対応できるようになりました。
院の雰囲気としては「アットホームな動物病院ね。」と言っていただくことが多いです。 問診から診察まで全て私が行っているので飼い主さんや動物たちとのコミュニケーションもとりやすく、診療もスムーズに進めることができます。 お待たせしたくないのとじっくりと丁寧に動物に触れて診察したいので、予約制をとっています。当日、来院前にお電話下さい。

診療の際に心がけていることは何でしょう?

春日 元美 院長

動物をこわがらせないように、できるだけリラックスさせた状態で優しく診察するようにこころがけています。触診を重視して念入りに身体全体を触るようにしてい ます。
インターンを始めたばかりの頃、院長先生から「まず動物を見たら、顔色を見るんだよ。」と言われ、ぽかんとしてしまいました。毛に覆われた動物に顔色があるの かとおもったのです。しかし、経験を積んでくるとその意味がだんだん理解できるようになりました。目力や表情、毛艶など動物が発しているサインがあるんです。 それをみのがさないようにしなければなりません。ちょっとした処置で治る病気なのか、さらに検査をして重い病気を探らなければならないのかを判断します。必然 的に検査機器に頼ることも多々ありますが、極力、ストレスを与えるような検査漬け診療は避けたいと思っています。

動物たちの健康管理についてアドバイスをいただけますか?

人間と同じで動物たちも7歳以上のシニアになると定期健診を受診することをお勧めしています。血液検査で全身スクリーニングをすれば、腎臓、肝臓、糖尿病など 臓器の異常を早期に発見することができます。最近、特にシニアの動物ですが、腎不全、高脂血症、ホルモン異常が多くみられます。こういった異常はひどくなるま でなかなか気づいてあげることができません。逆に早期発見できれば、食事療法や、投薬など簡単な処置で改善することができます。
食事療法が必要な場合、動物の嗜好もあり、飼い主さんとその子にとって負担にならぬように相談しながら徐々に慣らしていきます。
また歯の治療もしてほしいと思います。歯磨きの管理を指導してはいますが、体質もあり、歯石がついて歯周囲炎、歯肉炎になる動物が多くいます。超音波スケーラ ーで歯石除去の処置をすることで、健康な歯を維持することができます。 なるべく小さい頃に歯磨きの習慣をつけておかれるといいと思います。

サイトをご覧になる皆様にメッセージをお願いします。

私は「家庭医」だとおもっています。どんな動物であっても誕生したらその時から老衰で最期をみとるまで飼い主さんと動物のかかわりをよりよい関係でいられるよ うに特に健康面でお手伝いするのが仕事だと思っています。
病気の治療の際は、インフォームドコンセントを重視しており、治療方針や経費の説明をきちんとお話するようにしています。動物には極力、ストレスをかけないよ うに、飼い主さんにはなるべく経済的な負担がかからないように相談しながら、診療したいと思っています。なお、当院では対応が難しい症例は高度医療の二次診療 施設への紹介も行っています。 長年、犬を飼っていたものとして、皆さんと犬と幸せな関係を築いてほしいのです。そのためには、「子犬のうちからちゃんとしつけをすることが大切です。」とお 伝えしています。
子犬のワクチン時にしつけ指導も行っています。しつけ相談も気軽にどうぞ。ちなみに今は猫を飼っていますので、どちらのお話でも構いません。 この子たちを育てることを通して私も「一人前の獣医になれるように育ててもらっているのだ」と感謝しています。

※上記記事は2014.6に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

春日 元美 院長 MEMO

  • 生年月日:7月14日
  • 出身地:福岡県
  • 血液型:O型
  • 趣味・特技:水泳、山歩き
  • 愛読書・本:池波正太郎、司馬遼太郎、高村 薫
  • 好きな映画:アクション、ミステリー
  • 好きな言葉・座右の銘:思いやり
  • 好きな音楽:クラシック
  • 好きな場所・観光地:お花畑のある湿原、会津駒ヶ岳、八幡平、火打山など

グラフで見る『春日 元美 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート