練馬区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 獣医師(練馬区)―

加藤 友康 院長/大泉動物病院(大泉学園駅・犬)の院長紹介ページ

加藤 友康 院長

TOMOYASU KATO

命のサイクルを見守りながら
動物たちにやさしい医療を実践

大学卒業後、開業医のもとで幅広い診療を経験した後、「大泉学園駅」近くに開業。

加藤 友康 院長

加藤 友康 院長

大泉動物病院

練馬区/東大泉/大泉学園駅

  • ●犬
  • ●猫
  • ●フェレット
  • ●ウサギ

動物が好きで獣医師になり、開業して間もなく20年

加藤 友康 院長

みんなそうなんでしょうけど、やっぱり子どもの頃から動物、とくに犬が好きだったんですよね。学校に行く途中で子犬を見つけると、教科書みんな自分の机の中にほおりこんで、空っぽになったランドセルのなかに犬を入れて帰るんです。それで、そのまま飼っちゃう。持ってきた犬が足をひきずっていようが、どうしようが、本当にダメだっていう時以外、母親は飼うことを認めてくれました。
だから高校の時に獣医科を受けるんだって言ったら、母親が「ああ、そうだろうね」って話をしていましたよ(笑)。

大学を卒業してからは5年ほど見習いをしまして、それから開業しました。以前はちょうどここから1キロほど離れたところで、「加藤獣医科」という看板を出しましてね。小さな病院で18年間、本当に患者さんからたくさんのことを教わりました。これこそがうちの診療の礎となっています。

犬・猫を中心に、小動物の診療にも対応

加藤 友康 院長

多いのはワンちゃん・ネコちゃんですね。あとは近所の小学生たちが、自分の飼っている子を診て欲しいということで、ハムスターやモルモット、ニワトリやインコまで、さまざまな種類の小動物を連れてよく来院しています。ただ、今は小鳥やエキゾチックアニマルの専門病院も沢山ありますのでね、まずはうちで治療して、必要に応じて専門病院にも協力してもらおうねという形でお話しています。

症状として多いのは、やはり下痢や嘔吐といった消化器由来のものですね。そのほか避妊去勢手術やヘルニアなど、普段の生活のなかでお困りのことにお応えできるように環境を整えています。

患者さんのご希望を伺いながら、動物たちにやさしい医療を実践

加藤 友康 院長

できるかぎり飼い主さんの要望をしっかりと聞くこと、動物にやさしい治療をすることですね。動物たちの苦痛を、できる限り短時間で取り除いてあげられるようにと思っています。より早く・正確に症状を把握するために、当院では血液検査やエックス線装置のほか、超音波装置や電子内視鏡など、より高度な検査器機を揃えています。
また、一般の病院ではとても難しいような病気や怪我については、外科を専門にしている友人数人と協力して処置を行ったりですとか、大学病院にお願いすることも行っています。
やはりできる限りのことをしてあげたいというのが、飼い主さんのお気持ちだと思うんですね。ですので飼い主さんにとって後悔がないように、手をつくして頑張りましょうというのが、うちの病院のモットーです。

なにより、飼い主さんと同じところに目標を持てるというのは幸せなことですよ。一生懸命やって、そのうえで飼い主さんに「この先生に任せていいんだ」って思っていただけるというのは、やっぱり有難いことだなと思っています。ましてや、結果がいいほうにでれば最高ですよ。

確かな知識とスキルをもって、命のサイクルを見守る

やっぱり感動的なのは、新しい命の誕生の瞬間ですよね。帝王切開で出産して、ほんとにもう息も絶え絶えだったような子が、また元気になって子どもを宿して……そういった繰り返しのなかで、命のサイクルというのかな、そういったものを感じることができるとき、すごくいいなと思いますよね。
中島みゆきさんの「時代」って歌じゃないけども、「そんなこともあったよね」なんて、いつか話せるように、少しでもお役にたてたら嬉しいです。

これから受診される患者さんへ

僕の好きな言葉のひとつに、「恒産なきものは恒心なし」があります。これは、生活の安定なくして心の安定もない、という孟子の教えなんですけどね。
たとえば良い医療を提供したいとなったとき、やはり病院の設備だとか、家族やスタッフといった環境に恵まれて、はじめてきちんとしたものが出せるんですよね。地に足つけてといいますか、すごいことばかりしようともくろむのではなくて、経験や知識、自分のなかで守るべきものをもってはじめて、より公平な答えが出せるものなのだと。そのためにはやはり自分自身も努力しなくっちゃいかんぞと、いつも心に留め置いています。とくに医学は日進月歩なのでね、今も講習に参加して、新しい技術や知識を切磋琢磨して取り入れています。

病気のときはもちろんですが、お困りのことがあったらなんでもご相談ください。ただのペットではなく「家族」として、人と動物がより良い関係を築いていくためのお手伝いができたらと思っています。

※上記記事は2014.12に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

加藤 友康 院長 MEMO

  • 出身地:埼玉県朝霞市
  • 好きな本:ミレニアム
  • 好きな映画:チコと鮫
  • 好きな言葉:恒産なきものに恒心なし
  • 好きな音楽:AOR
  • 好きな観光地:伊香保

グラフで見る『加藤 友康 院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート