練馬区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(練馬区)―

堀部 崇大 院長/スヴァラ歯科(石神井公園駅・歯科)の院長紹介ページ

堀部 崇大 院長

TAKAHIRO HORIBE

患者さんの健康寿命を延伸させる、
歯科医療を続けていく。

日本大学歯学部卒業後、大学院に進学し、口腔外科を学ぶ。1969年石神井公園駅より徒歩5分の場所に父が開設した医院を引継ぎ、患者さんのお口のトータルケアを目指す。

堀部 崇大 院長

堀部 崇大 院長

スヴァラ歯科

練馬区/石神井町/石神井公園駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

大学院で学んだ口腔外科の知識・手技を活かして

堀部 崇大 院長

私が生まれたときにはすでに、父は当院を開業していました。小さい頃にはよく診察室に出入りして遊んでいて、そのときの様子を収めた写真が今でも残っています(笑)。その後も父の姿を間近で見て育ったので、私にとって歯科医師という仕事はまさに「家業」といった感覚。大人になったら自分も歯科医師になることを当然のように考えていました。進路に迷うようなことは一切ありませんでしたね。
大学卒業後は大学院(口腔外科)に進学しました。口腔外科を選んだのは、自分はこれからの時代に沿ったインプラントや再生医療に興味があり実際それらの処置を行うのに外科の知識・手技が必須と考えたからです。あとは、学生時代に怪我をしたとき、先輩である口腔外科の先生にお世話になったことがあって、そのときの経験もこの分野に進むきっかけとなりました。
歯科医師を志した時点で医院を今以上に良くすることを考えていたので、大学院を卒業したあとはすぐに当院に戻ってきました。現在に至るまで院長として、地域の皆様の歯科診療に携わらせていただいています。

いつでも自分らしく、患者さんにも自然体で診療を

堀部 崇大 院長

西武池袋線の石神井公園駅から徒歩5分ほどのところにあるこの場所で、父が歯科・小児歯科・歯科口腔外科のスヴァラ歯科を開いたのは1969年のことですから、開業からもう50年近くが経とうとしています。現在は、父は一線からは半分退いて、院長である私がほとんどの患者さんを診させていただいているわけですが、そのなかには当然、父の代からの患者さんも大勢いらっしゃいます。はじめは気負って悩む時期もありましたが、経験を積むうちに自分らしい診療を確立し患者さんに自然体で診療をすることが出来ています。当院を気に入って、父の代から変わらずに何十年にもわたってお越しいただけていることには感謝の気持ちでいっぱいですし、何より70代、80代になってもお元気な姿を拝見するだけで、とてもうれしい気持ちになります。
そうした昔なじみのご高齢の患者さんがいらっしゃる一方で、私自身が区の保育園医を務めている関係で、当院には小さなお子さんも少なくありません。最初は母子、父子でいらしていた後には家族でお見えになることも多く、妊婦さんにも安心して治療に来ていただいております。小さい時から保護者の方と一緒に来院するお子さんは歯科医院に慣れるのも早く、予防に対する意識も自然と身につき、結果としてむし歯リスクも低くなる、といった好循環が生まれる傾向にあります。

歯の治療だけでなく、食事や生活習慣に関する健康相談にも対応

堀部 崇大 院長

私の専門分野は口腔外科ですが、町中の診療所でできることには、設備等の面でもやはり限界があります。必要な場合は患者さんの症状に応じて大きな病院や専門医療機関を紹介しています。
当院が力を入れているのは、ある特定分野の治療というよりも、地域の皆様の健康全般に関するケアならびにアドバイスの方です。昔はどのお宅にも、健康に関して何でも相談できる「家庭医」「かかりつけ医」がいましたが、当院もそのような存在でありたいと思っています。もしかしたら皆様のなかには「歯を診ることが専門の歯科医師が家庭医(かかりつけ医)?」と思われる方もおられるかもしれませんが、最近では歯周病と糖尿病や心臓病といった内科的疾患との相関関係も明らかになっています。これはつまり、お口の健康を良好に保つことによって、全身の疾患のリスクを減らすことができることを意味します。お口は呼吸器や消化器といった内臓の入口でもありますから、その意味でも、お口を清潔・健康にしておくのはとても重要なことです。
実際に当院の患者さんの中には、歯の治療だけでなく食事や生活習慣に関する健康相談に来られる方なども多くいらっしゃいます。そうしたご相談を通じて、皆さんの健康に寄与できるなら、「かかりつけ医」としてこれ以上嬉しいことはありません。

患者さん自身にも自分の身体の状態を理解し、協力していただく

自分や自分の家族が受けてよかったという処置をするように心掛けています。たとえば、むし歯が大きい場合たくさん削って被せ物をした方が予知性も高く治療終了が早いことが多々あります。しかしながら健全な歯質を可能な限り残したいとのことで継ぎはぎでも部分的に詰める治療法を選択される方も多くいらっしゃいます。私もその一人です。歯を削るにせよ抜歯するにせよ、まずは患者さんのご希望をしっかりと伺ったうえで、出来る限りそのご希望に沿う形で治療を進めていきたいと考えております。また、はじめにお口全体の検査をし、次回に状況を説明して、相談しながら治療を開始していくというのが当院の基本的な診療スタイルです。これには、よりよく理解・納得していただくという事のほかに、患者さんにも意識を持ってもらうという目的もあります。お口の健康は、歯科医師一人の手で守れるものではありませんので、患者さんご自身にも自分の身体の状態を理解し協力していただくことが大事になってきます。

これから受診される患者さんへ

「不快症状がない限り、歯医者には行かない」という方がまだまだ多いかと思いますが、何もない時にこそ是非歯科医院を受診していただきたいと思っています。たとえば「歯石を取りたい」や「汚れを取って見た目を綺麗にしたい」で良いと思います。歯石を取ることによってお口のなかがサッパリとし口臭予防にも繋がります。汚れを取って綺麗な口元にすることで他人へ好印象を与え、見た目や笑顔も素敵になり、人生が自然と豊かなものになります。
繰り返しになりますが、お口の健康と全身の健康には大きく関連しています。加えて、お口の健康を保つことはアンチエイジングにも効果があると言われています。これを機会に、歯科医療を通じ全身の健康管理を始めてみてはいかがでしょうか?皆様のお越しを心よりお待ちいたしております。

※上記記事は2015.6に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

堀部 崇大 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:野球、数独
  • 好きな本:歴史小説(戦国時代)
  • 好きな映画:邦画
  • 好きな言葉:精進
  • 好きな音楽:ボサノバ、ハワイアン
  • 好きな場所:練馬

グラフで見る『堀部 崇大 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート