練馬区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(練馬区)―

吉積 宏祐 院長/ジェイシティー歯科 吉積(光が丘駅・歯科)の院長紹介ページ

吉積 宏祐 院長

HIROSUKE YOSHIZUMI

お口全体のバランスを考え、予防を重視。治療した箇所が長持ちすることに喜びを感じます。

日本大学歯学部卒業 。千代田区の歯科医院勤務を経て、1994年に『ジェイシティー歯科 吉積』を開業(都営大江戸線「光が丘駅」より徒歩10分)。現在にいたる。

吉積 宏祐 院長

吉積 宏祐 院長

ジェイシティー歯科 吉積

練馬区/高松/光が丘駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●矯正歯科

歯科を通じ、地域と共に歩んでいきたい

吉積 宏祐 院長

姉が薬学部に進み、兄が医科へと進みました。先を行く2人が目標となり、私も医療の道を目指すようになったのです。進路に関して誰かから何を言われたわけではないのですが、気がつけば自然とそうなっていました。
大学卒業後は千代田区の歯科医院で勤務医を務め、1994年に『ジェイシティー歯科 吉積』を開院。私はそれまで近くの成増に住まいがありましたので、そこでこの場所にたどり着いたという次第です。
患者さんは当初、このビルにお勤めの方が多かったように思います。そこから徐々に周囲に輪が広がっていき、今では周辺にお住まいの患者さんのほうが多くなっているかもしれません。
毎日患者さんが訪れてくださるのは、やはりうれしいことであり、やりがいでもあります。もう20数年やっていますと、小学生だった子が社会人になり、中には結婚して子供をもうけている方もおられます。地域に根差し、地域と共に歩めることを光栄に思っています。

治療した歯が長持ちしているのを見るのが私の喜び

吉積 宏祐 院長

自分が手掛けたものが出来るだけ長持ちするようにしていきたいと思っています。それを可能にするのは、一にも二にも定期検診です。いかに良い治療が出来たとしても、その後のケアがしっかりなされてないと、保つものも保ちません。当院では半年に1回、年に2回の定期的な検診を推奨しています。
今では、検診でいらしてる方のほうが比率としては多くなっているのではないでしょうか。皆さんがその意識を持たれているのは私にとってもうれしいことですし、治療した歯が健康で長持ちしているのを見るのは、歯科医師としての喜びになっています。

1本の歯だけを治療するのではなく、全体的なバランスを考えていく

吉積 宏祐 院長

長年歯科医療に携わってきまして、全体的なバランスを考えて治療をおこなうことの大切さを痛感しています。その1本の歯のみしっかり治療をしたとしても、周囲の歯がダメになってしまえば、その歯も使えなくなりますよね。ですから、全体を診ながら必要な処置を優先しておこなっていくことが大切なのです。
お口の状況によっては、小さな虫歯よりも、たとえば咬み合わせを優先したほうが良いケースもあります。あるいは、非常に状態が良い方であれば、小さな虫歯もさわらずフォローしていったほうが良い場合もある。ケースバイケースだと思うのです。
また、全体を診ると同時に、その方の歯科に対する考え方に思いをめぐらすことも大切です。よくよく話し合ってから、患者さんの気持ちを汲んで治療を進めていく。でなければ、やはりいい結果は生まれないものなんですね。全体を診て、患者さんの気持ちを汲んで治療していくことが、長く良好な口腔環境を維持することにもつながっていくのです。

全身の健康も考えながら、お口を診ていくことも大切

古くなっている歯石ほど歯周病を誘発しやすいという報告があがっています。つまり、奥の奥の方、こびりついてしまった古い歯石ほど歯周病の原因になりやすいということですね。そちらを処置しなければ歯周病の進行は止めにくいということになりますから、その意味でも定期的なケアが大切になります。
歯周病はまた、全身疾患との関わりが強いことが指摘されています。私は糖尿病医療連携として、医科の先生方と連携しながら治療をおこなっています。たとえば、糖尿病の人が歯周病になると、お薬や生活習慣をいくら見直しても、糖尿病を示す数値に改善が見られないことがあります。このケースでは医科の先生から依頼を受け、糖尿病の治療と並行して歯周病のケアをおこなっていくことになります。
今やお口の健康は全身の健康に直結していると考えても良いでしょう。奥の奥で歯石がこびりついているような状態ですと、歯石を取るのにも麻酔が必要になり、痛みが生じることにもなります。歯周病を予防するためにも、全身への影響を考えても、そして不快な思いをしなくても済むよう、定期的に歯科でチェックを受けていただきたいですね。

これから受診される患者さんへ

繰り返しになりますが、少なくとも年に1回はお口のチェックを受けていただければと思います。会社にお勤めの方は年に1回、健康診断を受けられますよね。その健康診断に歯科も含まれていれば問題ないのですが、まだ多くのところでお口の検査は含まれていないのが現状です。それを補完する意味もこめ、お口の健康診断も年に1回を目安に受けていただければと思います。

※上記記事は2017年6月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

吉積 宏祐 院長 MEMO

  • 出身地:兵庫県
  • 趣味:スポーツジム、野球
  • 好きな本:『今日の健康』
  • 好きな映画:『ゴースト/ニューヨークの幻』
  • 座右の銘・好きな言葉:「1日1日を大切に」「今日できることは今日のうちに」
  • 好きなアーティスト:EXILE
  • 好きな観光地:江ノ島、鎌倉、七里ヶ浜

グラフで見る『吉積 宏祐 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート