練馬区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(練馬区)―

吉川 剛太 院長/よしかわ矯正歯科(大泉学園駅・矯正歯科)の院長紹介ページ

吉川 剛太 院長

GOTA YOSHIKAWA

「抜かない矯正治療」をコンセプトに、
患者様の気持ちに応えられる治療をご提案。

日本歯科大学卒業後、大学病院で勤務したのち、神奈川歯科大学成長発達歯科学矯正科にて博士(歯学)取得。1984年に父が開業した『よしかわ矯正歯科医院』の跡を継ぎ、現在に至る。(大泉学園駅より徒歩4分)

吉川 剛太 院長

吉川 剛太 院長

よしかわ矯正歯科

練馬区/東大泉/大泉学園駅

  • ●矯正歯科

歯科矯正の魅力は、咬み合わせや歯並びを考え、根本的に治せること

吉川 剛太 院長

小学生くらいから、父の後を受け継ぐということは考えていたような気がします。私は幼少の頃から父に連れられ、歯科医師会の集まりに連れて行ってもらっていました。今の練馬区の歯科医師会の先生方とはその頃からの顔見知りで、ずいぶんと可愛がっていただいたものです。そういう意味では、父に上手いことこの道に導かれたのかなと思いますね(笑)。
日本歯科大学を卒業後、神奈川歯科大学の矯正科に籍を置きました。矯正を選んだ最初のきっかけとしては、「父がやっていた…」ということがあるかもしれません。しかしそれ以上に、大学に入って最も興味を持ったのがこの分野だったということが大きいですね。矯正は咬み合わせや歯並びを考え、根本的に治せるということが魅力かと思います。それは矯正ならではの面白さと言えるのではないでしょうか。
1984年に父が開業した『よしかわ矯正歯科医院』(西武池袋線・大泉学園駅から徒歩4分)は、昨年(2014年)の1月に改装を施しました。今後、お子さんの患者さんが多くなってくることを考え、全体的に明るいトーンにまとめ、「入りやすい雰囲気」を重視した造りになっています。

『非抜歯矯正』の意義はその時だけでなく、その人の一生を考えて

吉川 剛太 院長

父の時代、「歯は抜いて矯正をするのが当然のこと」という認識がありました。しかし、お子さんの健康な歯を抜いてしまうことに、少なからず疑問を感じていた親御さんは多かったのではないでしょか。矯正歯科医院を選ぶ上で大切なことは様々ありますが、歯を抜かない矯正治療を重視していることは大きな選択基準になると考えています。不正咬合の原因は奥歯にあることが多く、その原因となっている奥歯を改善することが重要なのです。
従来の矯正治療は、前歯のポジショニングから入り、そこを基準として全体を動かしていく、というものでした。これに対して非抜歯矯正では、奥歯の咬み合わせから入ることを基本としています。臼歯部の不正咬合、悪いところから治し、そこに合わせる形で全体のポジショニングを決めていくのです。ただ非抜歯論者ではなく抜くケースは抜く、抜かなくても可能なケースは抜かない。様々なルールを用いることで抜かなくても可能であること、その結果非抜歯治療が多いだけのことです。
歯を抜く矯正では、その結果として下顎が後ろに下がり、気道を狭めて睡眠時無呼吸症候群を引き起こす要因にもなるとも言われています。また、矯正治療が盛んなアメリカの例では、高齢になると肌の張りが失われ、口元にしわが増えていくというケースも報告されているのです。
その時だけではなく、その人の一生を考えていく。非抜歯矯正の意義はそこにあると私は思っています。

ベストな結果が得られる治療方法を選択していく

吉川 剛太 院長

最近は「見えない矯正」を希望される方も少なくなく、当院においてもインビザラインやインコグニートといった治療方法をご用意しています。ただし、それが可能な場合は良いのですが、全てのケースにおいて、それが可能になるわけではありません。繰り返しになりますが、のちのちのこと、咬み合わせの予後のことを考慮した上で、治療方法の選択をおこなっていきたいと考えています。
医科のケースを例にしましょう。がん治療をおこなう際、ドクターは治ることを最優先にして選択をおこないます。つまりは、結果が優先となる。これは、矯正治療においても同様なことと思うのです。最も良い結果を得られるような治療方法を選択すること。それを考え、また説明を尽くすのが、我々の使命なのではないでしょうか。

矯正治療によって得られる様々な利点

見た目の改善。さらには咬み合わせが整うことにより、日々のメンテナンスがしやすくなること。それにより、虫歯や歯周病になりづらくなります。また、咬み合わせのバランスが整うことで、歯そのものの保ちが良くなることもそうでしょう。上手く噛めてないということは、歯に掛かる負担が大きいということにもなりますから、長い目で見れば、歯はもちろん、あごの関節等への負担を軽減することにつながってきます。

審美的な要素はもちろんのことですが、噛みにくいものが噛めるようになることで、その人のライフスタイルは劇的に変わってきます。将来のことも考慮し、矯正治療をお考えいただければと思います。

これから受診される患者さんへ

矯正治療には審美的なイメージがまだまだ強い部分がありますが、審美だけではなく、歯の機能面を考え、先々のことまで見据えた治療計画を立ててくれる歯科医院をお探しになられるべきと考えます。インプラント治療や被せ物の交換の際にも、矯正治療を組み合せることで最善の結果を得られるケースがあります。一般歯科診療を含めたご相談も承っておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

※上記記事は2015.3に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

吉川 剛太 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:スキー
  • 好きな本:推理小説
  • 好きな映画:SF
  • 好きな言葉:感謝
  • 好きな場所:雪国

グラフで見る『吉川 剛太 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート